最新情報

新しいツアーが販売開始されました。
北のチェンマイから、ラムパーン、ウータラディット、シーサッチャナライ、ピサヌローク、スコタイ、ロッブリ、アユタヤそしてバンコクまで、自動車だけではなく、鉄道、馬車、トゥクトゥク、輪タクなどを使った縦断旅行です。
現在は関西地区からのツアーだけですが、今後は関東など全国募集になる予定です。
https://tour.his-j.com/trip/ciao/voyage/04A_30/OC-FBC1333
遺跡見学だけではなく、昼間の鉄道を利用しますので、車窓からの風景もお楽しみいただけます。

急募!3人目無料!!
3月27日/28日にメオダムとスコタイへ行きませんか?
3名様以上のお申し込みなら、
先着1組限定で3人目は無料
メール:"phs-tours@his-world.com"でお問い合わせください。

このところスコタイの最高気温が連日35℃を上回っております。
特に午後3時前後が暑くなっています。
そこで、ピサヌロークとスコタイ遺跡をめぐる日帰りコースで、回る順番を入れ替え、午前中にスコタイへご案内させていただきます。
午前中にスコタイへ行くことで、ちょうどワットマハタート前の池では赤いスイレンがお楽しみいただけると思います。

ピサヌローク・ランタンフェスティバル

2019/02/19 – 2019/02/23

ピサヌロークでは小正月を迎えて恒例のランタン・フェスティバルが開催されます。
このランタン・フェスティバルはもともと中国の伝統行事「元宵節」がピサヌロークの華僑たちによって行われているもので、毎年旧正月明け最初の満月の日から数日間開催されています。
この祭りでは街中に赤い提灯が飾られ、大きな龍や中国の仙人や天女などのランタン(灯篭)がその大きさや派手さを競っています。
イベントのメイン会場は鉄道駅前からナーン川に向かって歩いて5分ほど、橋の手前の公園です。
ランタンに灯がともる日没後がお勧めです。

朝晩のピサヌロークは涼しいのですが、日中の気温は35℃を超える日が続いています。
もうすぐ、猛暑の季節になりますが、今の時期、木々が美しい花をつけて目を楽しませてくれます。
ナコンサワンからピサヌロークまでの国道117号線の中央分離帯には、インタニン(バナバ=オオバナサルスベリ)の花が見ごろを迎えています。
桃色から、薄紫まで花の色はまちまちですが、まるで何キロも続く桜並木のようで、変化の少ない平原の直線道路でも飽きることがありません。

ソムポットプラプッタチンナラート仏のお祭り

2019/02/10 – 2019/02/17

ワットヤイ(ワット・プラシーラタナマハタート)で2月10日から17日まで"ソムポットプラプッタチンナラート仏のお祭り"が開催されています。
クメール式の仏塔も開放されていたり、夜にはライトアップされた寺院を見学することができます。
また、境内には沢山の露店が出て、ピサヌローク周辺の特産品やストリート・フードが並びます。
夜中まで沢山の人でにぎわっていますので、こん季節にピサヌロークへお越しになられたら、ぜひ見学されて見てください。

https://blog.his-j.com/bangkok/2019/02/post-075a.html

https://blog.his-j.com/...

詳細

H.I.S.ピサヌローク支店で2月28日までの出発で催行確定しているオプショナルツアーの催行日のご案内。(1月30日午前10時現在)

  *****************************

02月03日 日曜日   スコタイ遺跡日帰り観光
  料金 2,300バーツ(昼食付)

  *****************************

02月05日 火曜日   スコタイ遺跡日帰り観光
  料金 2,300バーツ(昼食付)
  *****************************

02月10日 日曜日
  スコタイ遺跡とシーサッチャナライ遺跡日...

詳細

バンコクで配布されている情報誌「フリコピ」さん最新号でスコタイの特集がされているようです。
表紙の写真はワット・シーチュムにある座禅仏の長くしなやかな指ですね。
こうしてタイ中北部が少しずつでも脚光を浴びてくることを期待しています。
ネコ支店長も地域振興のために奮闘していきます!


サービス

ピサヌローク発着 日帰りツアー

  • ピサヌロークとスコタイ遺跡日帰りツアー(日本語/昼食付)

    THB 2,300.00
    ピサヌローク空港または市内でお迎えし、タイで最も美しいとされるチナラート仏のあるピサヌローク市内のワットスリラタナマハタート(ワットヤイ)をご見学いただいたあと、世界遺産に指定されているスコタイ歴史公園をご案内します。歴史公園内では、ワットマハタート、ワットシーサワイ、ワットトラパングン、ワットサシー、ラムカムヘン王記念像、ワットシーチュム、ワットプパーイルアンなどをご案内します。夕刻にはピサヌロークへ戻り、空港または市内までお送りいたします。
  • タイ北部の写真映えスポットへ!フォトジェニック・エクスプレス

    THB 2,500.00
    ★バンコクから日帰り参加可★まだ誰も行っていない!タイ北部カオコーとピサヌロークの最新スポットご案内//ピサヌローク空港または市内でお迎えし、国道12号線を東へ2時間。ベッチャブーンとの県境を超えたところにあるカオコーは「タイのスイス」として知られる高原リゾートです。 絶景カフェとして人気の「ピノ・ラテ」やフォトジェニックなお寺「ワット・パーソンケーウ」などへご案内します。 また、ピサヌローク郊外にある「おやゆび姫の池」では、池に浮かぶ巨大な蓮の葉の上に載っていただくこともできます。 ツアーだから安心してフォトジェニックな1日をお楽しみいただけます。 夕刻にはピサヌローク空港または市内のホテルまでお送りいたします。
  • スコタイ遺跡とシーサッチャナライ遺跡日帰りツアー(日本語/昼食付)

    THB 2,600.00
    ピサヌローク空港または市内でお迎えし、世界遺産に指定されているスコタイ歴史公園をご案内します。歴史公園内では、ワットマハタート、ワットシーサワイ、ワットトラパングン、ワットサシー、ラムカムヘン王記念像、ワットシーチュム、ワットプラパーイルアンなどをご案内します。午後からはスコタイ時代の副王が治めた第二の都、シーサッチャナライ歴史公園へ向かいます。森の中にひっそりとたたずむワットナーンパヤー、ワットチェッテウ、ワットチャーンロムそしてクメール様式のワットプラシーラタナマハタートなどをご案内し、夕刻にはピサヌロークへ戻り、空港または市内までお送りいたします。

H.I.S. Tours ピサヌローク支店はタイ中北部初の日系旅行代理店です

ピサヌロークの観光からスコタイ遺跡巡り、カオコー高原まで、日本語ツアーをご用意いたします。
また、地元の旅行代理店の皆様へはタイ人向けの海外旅行商品やJRパスなどを提供させていただきます。

お問い合わせ

お問い合わせ

今すぐ電話
  • 055 001 171

住所

ルートを検索
PTT Gas Station
171 Borom Trailokkanat Soi 4
Amphoe Mueang Phitsanulok
65000
タイ

営業時間

月:9時00分~17時00分
火:9時00分~17時00分
水:9時00分~17時00分
木:9時00分~17時00分
金:9時00分~17時00分
土:定休日
日:定休日
見積もりを表示
メッセージを送信しました。すぐに折り返しご連絡差し上げます。